2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

朝比奈切り通し

三方を山で囲まれた鎌倉に入るには、山越えのルートとして

巨福呂、亀ケ谷、極楽寺、大仏、化粧、朝比奈、名越の七口と

呼ばれる切り通しがあります。

この中で、最も中世の面影を残すと言われている「朝比奈切り通し」に

行ってきました。

鎌倉駅からバスに乗り「十二所神社」停留所で下車。

Pc010988

案内に従って水路沿いを進んで行きます。

Pc010991

この日は最高の小春日和、12月なのに風もなく散歩には

もってこいの天気でした。

が、舗装が切れる辺りから冷たいが風が吹き下ろし始め

冷たい空気に包まれました。

Pc010993

体感的には4、5度一気に下がった位の温度差。

地形的には尾根の北側に入るので、日が当たらない事は

予想してましたが、ここまで気温が下がるとは思いませんでした。

夜用に用意していたニット帽とマフラーを着けて進むと

Pc011003

切り通しの入り口に到着、近くに小さな滝もあります。

Pc011005

朝比奈の切り通しを一夜で切り開いた伝説を持つ

朝比奈三郎にちなみ、三郎の滝と呼ばれています。

ここからいよいよ切り通しの始まり。

Pc011015

まさに、その名にふさわしい雰囲気の山道。

Pc011011

太陽の光を透かして輝く紅葉もちょうど見頃で美しい。

紅葉が遅い事で有名な鎌倉の中でも、もっとも遅く紅葉が始まると

いわれているのが、ここ朝比奈の紅葉。

冬がすぐそこまで来ている事を目でも感じる事ができます。


 

それにしても寒い寒い、、、心なしか息も白い気がします。

足下は常に水が沸き、落ち葉が重なり、足元の悪い所では

かなり注意しないと転倒の可能性が大きいです。

Pc011023

Pc011029

途中のお地蔵さんに道中の無事を祈願しつつ進んで行きます。

にしても、よくもこれだけの道を作ったものだと感心してしまいます。

この先に繫がっている「六浦」は東京湾に面した港があり

塩の産地であった事から、物資の輸送においては

鎌倉の切り通しの中でもかなり重要な道だといわれています。

Pc011037

切り開かれた壁を見るだけで、いかに重要な事業だったか

いやが上にも思い知らされてしまいます。

しばらく進むと、更に大きく切り開かれた場所にでました。

「大切通」と呼ばれる高さ20m位はあるのではないかと思う

垂直に切り落とした様な壁面が特徴です。

Pc011035

Pc011034_2

その足下には、なにやら仏像らしき物が彫り込まれています。

ここまで来ると、約半分走破した事になります。

かなり長くなったので次回続きを更新したいと思います。

秋散歩

いつのまにやら夏が過ぎ、秋から冬へと移ろい始めたこの頃

みなさまいかがお過ごしでしょうか?

なんて、すっかり更新するのを忘れ11月になってしまいました。

鎌倉の木々もそろそろ紅葉の季節を迎え始めたので、ちょろっと

近隣を散策してまいりました。

まずは北鎌倉駅前の円覚寺へ

Img_0243

入り口付近は紅葉が色づき始めております。

が、園内はまだまだといったところ。

Img_0245

弁天茶屋から辺りを一望しようと階段を上り始めたら

上から何やら固い物がバラバラと降り注いで、体にバシバシ当たり

行く手を阻まれてしまいました。

足下をよく見れば、、、。

Img_0254

ドングリ!この日は風が強かったので、風で木々が揺れて

落下したドングリが階段を駆け下りて観光客を襲っていたのでした。

正直、結構な痛さ。

後から来たカップルは、あまりの痛さに退散したほど。

風が止むのを見計らって登った茶屋からの景色は

Img_0248

やはり紅葉にはまだの様です。

この後は、古民家カフェのミンカでお昼を食べ、鎌倉方面へ

緑屋凛で苔玉、ロミユミで量り売りのジャム2種類、利々庵で食パンを

ラソックスで靴下をと、ぐるりとお買い物。

北鎌倉に戻り、石川珈琲でマンデリンとチーズケーキを食べて帰宅。

帰宅直後に雨が降り出したので、早めに帰って正解でした。

紅葉は寒くなり始めた今週末辺りが見頃になりそうです。

ただし、鎌倉の紅葉は毎年とても短く、あっという間に終わってしまうので

早めにお越しいただいた方がいいです。

見納め

平日の朝っぱら、明月院の紫陽花を観に行ってきました。

P6240777

8:25到着、開門5分前で15人程の行列あり。

シーズンの観光客もさすがにこの時間はまだ少ないです。

ちょっと待って、早速入場。

特に言葉はいらないと思うので、写真をご覧下さいませ。

P6240783

P6240802_2

P6240852_3

P6240808

P6240788

P6240896_2

 

姫紫陽花独特の青が綺麗です、色取り取りのカラフルな紫陽花も

もちろんいいんですが、うちはこの青に染まった風景が一番好きです。

1時間ちょいゆったり巡っているとかなり人が増えてました。

団体客も続々とやってきたのでこれから大変な状態になりそう。

 

行列を尻目に明月院を後にし、北鎌倉駅前の光泉で予約していた

お稲荷さんを受け取って家路につきました。

P6240901

 

明月院の紫陽花を楽しめるのは、おそらく今週いっぱいと行った所でしょうか。

つぼみもありましたが、花の色が変わり始めているものも結構ありました。

今年の紫陽花の見納めになりそうなので、訪れる方はお早めに。

紫陽花の見方

憂鬱な梅雨の季節を彩る紫陽花の季節になりました。

先週辺りからまさに見頃を迎えています。

紫陽花と言えば、海を望める成就院や長谷寺、明月院が有名。

地元北鎌倉贔屓といわれるかも知れませんが、やはり明月院が一番オススメ。

「明月院ブルー」と呼ばれる姫あじさいの独特な青の世界は、他では見る事は

出来ず一度は見ておきたいところ。

P6090759

P6090763

ただし、この時期は鎌倉が一番混雑する時期でもあります。

日曜だった昨日の明月院に至っては、500m程の行列ができていました。

時には明月院通りを越えて、北鎌倉駅近くまで行列が延びる事も、、、。

せっかく鎌倉まで来て、並び疲れて一カ所だけ見て帰る事になりかねません。

 

しかし!時間を選べばできるだけ並ばずに楽しむ事ができます。

平日がオススメなのはもちろんですが、休日でも大丈夫。

その時間帯とは、夕方4時頃。

通常9時から4時までの開場時間ですが、この時期だけ8時30分から

5時までと時間が長くなっています。

鎌倉方面での観光を楽しみ、帰り際に明月院に立ち寄るのがオススメ。

ちなみに、10時頃から続いていた500m程の行列は4時頃には、、。

P6090757

行列は消え、ほとんどが帰る人達となっていました。

1時間あれば十分に堪能できますのでご安心を。

見頃は7月の初頭位まで、時間を有効活用して楽しんでいただければと。

 

そうそう、先週亀ケ谷の切り通しを歩いていたら、カメラクルーが

撮影していたので聞いてみたら テレビ東京の「アド街ック天国」でした。

放送日は6月22日(土)テーマは「北鎌倉」らしいです。

まあ、ローカル局の番組でそんなに影響はないとは思いますが、

いつもより混む確率がちょびっと上がるかも知れません(笑)

亀のようなひととき

そこは材木座海岸のほど近く、九品寺に寄り添うように佇む古民家。

ふらりと立ち寄り、一夜を過ごしてしまいたくなる小さい宿があります。

P5190732_4    

古い建物なので、最新の設備や温泉などはありませんが、落ち着く空間が

そこにはあります。

個室2つと、相部屋1部屋の3部屋のみの小さなゲストハウスです。

残念ながら、うちは宿泊した事がありませんが、土日祝日のみ営業する

カフェには時々立ち寄ります。

P5190737

P5190738

材木座海岸近くまで来るとそこは住宅街。

鎌倉駅前の雑踏がうその様に、静かな時間が流れます。

 
 

こちらでのオススメは、オーブンサンド 500円。

P5190735_2

 

ワンプレートにオーブンサンド2枚と、ミニサラダが付いてくるので

美味しいのはもちろんかなりお手頃です。

 

 

 

観光で人波に疲れたら、心をリセットしに訪れてはいかかでしょうか?

その後、足を延ばして材木座海岸をお散歩すれば、いつもの観光とは違う

鎌倉の姿が見えてくるかも知れません。

P5190742_2

 

しらす巡り

今日は、しらすの食べ歩きに行ってきました。

鎌倉グルメといえばシラスは外せませんよね。

でも、どこもかしこも「しらすあります」でどこに入っていいか

分からないよ〜という方の為に、いくつかオススメのお店をご紹介します。

 
 

まずは、江ノ島水族館沿い手前の「江ノ島小屋」
P5130627
P5130629_2

ここ最近雑誌などでも取り上げられて、休日には列もできるようです。

でも、さすがに平日月曜日だけあってささっと入れました。

P5130615

「釜揚げしらす丼」890円。

ボリュームは少な目ですが、あら汁と香の物がついてこの価格は良心的。

更に、小皿に取分けあら汁をかけるとお茶漬け風にも楽しめます。

P5130619

 
 

次は江ノ島にあるお店で、おそらく一番人気の「とびっちょ」

P5130643

平日の14:00過ぎだというのに、20人位並んでました、、、。

昔は結構さらっと入れてたんですが、有名になりすぎましたね。

ボリュームは一押しなんですが、平日にこれでは休日ともなれば、、

お察しください、、、 ┐( ̄ヘ ̄)┌ フゥゥ~

 
 

お次ぎは江ノ電「腰越」駅近く、その名も「しらすや」

P5130701

「しらすや」は2軒ありますが、こちらは海沿いのお店。

P5130694

釜揚げしらすと生シラスの「2色丼」900円

新鮮な生シラスなので苦みが少なく甘みがある。

でも、シラスは釜揚げしたのが一番美味しいと思うのですよ。

ぶっちゃけ(笑)

 
 

最後は江ノ電「稲村ケ崎」駅から「稲村ケ崎食堂」

P5130705

平日15:00までだったので、今回は食べられず。

生も釜揚げも、並なら950円で食べられます。

海鮮が苦手な人がいても、ロコモコとかカレーもあるので

安心して入れるし、目の前が海のロケーションもなかなかいいです。

 
 
 

と言う訳で、うちのオススメのお店4軒を紹介しました。

行列が出来るのはそれなりの理由があるということで、

うまく混雑時間をズラしていただければと思います。

海鮮なので鮮度も考えるとやはり、海沿いのお店となります。

鎌倉駅周辺で探すのなら、思い切って海沿いまで出てみる事をオススメします。

鎌倉世界遺産

ゴールデンウィークに入ってから、いつにも増して北鎌倉駅前は一段と

訪れる人が多くなってきました。

Hanako持ってるグループがやたらいたのは面白かったですが。

鎌倉の方は更に人が押し寄せ、小町通りは歩くだけでも大変だったようです。

 
 

さて、更に盛り上げようと頑張っていた鎌倉の世界遺産登録でしたが

先日、諮問機関イコモスが最低評価の「不登録」を勧告しました。

この評価を受けて、世界遺産に登録される事はほぼあり得ないそうで

登録に向けて活動していた人々はかなり落胆していると思います。

しかし反面、ほっとしている人々がいるのも事実であります。

うちもその一人でして、確かに鎌倉の魅力が世界の人たちに

認められて、訪れてくれる事はすごく嬉しいのですが、

これ以上混雑するのは正直勘弁して欲しいのが本音です。

 
 
 

観光客増加で、経済効果は期待できるでしょう。

でも、静かな環境が脅かされたり、日常生活まで影響が出るようでは

住人としては喜んでばかりはいられません。

最近なんもないうちの周りでも、住人ではないハイキング風の家族連れや

グループが歩いているのを目にするようになりました。

通勤の北鎌倉駅前も、複数の団体さんが待ち合わせていると

人をかき分け駅に入って行かなければならないときもあります。

ただでさえひどい北鎌倉から鎌倉への渋滞が更に悪化するのは間違いありません。

世界遺産登録で環境の保護が進むという意見もある中、環境保全は

住民の手で行うべきだとうちは考えます。

トラスト運動発祥の地である鎌倉の住民の意識な高さを持ってすれば

可能なのではないでしょうか?

今回の不登録が、市長や役所が世界遺産登録よりも、目の前の環境保全に

目を向けるきっかけとなってくれるとうれしいのですが。









 

OZとHanako

毎年恒例、揃って鎌倉特集してくれてます。
毎年特集組んでくれるって事は、人気があるんでしょうか。
自分が好きな街を紹介してくれるのはやはり嬉しいですね。

Photo

記事を読んでいたら、久々に江ノ電に乗って海を見に行きたくなったので
フラッと行ってきました。

P4150540_2
一度江ノ島駅まで行って、のんびり鎌倉方面に戻るルートです。
江ノ電車内から、江ノ島が見えてきました。

P4150531_3 P4150529_3
まずは、江ノ島駅前沿線の「日月日(にちげっか)」のハンバーグで腹ごしらえ
(写真忘れた!)
江ノ島をチラ見してもひとつの目的の海へ

P4150544_2
P4150552_3

今日は風が強く波が高かったです。
でもその風が気持ちいい。
サーファーにはいい波なんでしょうか、結構たくさんいました。
戻り際、駅前のアマルフィでおやつのサブレを購入し再び江ノ電へ。

P4150567_2

うってかわって山の中、極楽寺に到着。
太陽の光を浴びて輝く木々を抜ける風の音のが心地よくて
隣駅まで歩いてみました。
P4150575

なんだか緑がキラキラしとります。

長谷駅に着いて小腹が減ってきたので、「なみへい」のたい焼きを
食べようと訪れるもなんとお休み、、、。
そのまま由比ケ浜駅まで歩いて、鎌倉駅到着。
P4150600

たい焼きの変わりに、KIBIYAベーカリーのあんぱん購入して
家路につきました。
P4150606 P4150605

のんびりと歩いてみると、この時期鎌倉を取り上げてくれる理由が
分かる様な気がします。
散歩するには一番いい季節ですから。
新しいお店も出てきてますし、記事を読んで面白そうなお店があったら
是非、遊びにきてくださいませ。

吊るし飾りのある街

3月末まで、北鎌倉は「吊るし飾りのある街」となっていて
あちこちの店先で見る事ができました。
なんで今頃こんな事を書くかと言うと、記事書いたまま公開するのを
忘れていたからです!(笑)
なんかもったいないので、終わったのに公開しちゃいます。
まあ、来年も行われると思うので参考までにということで、、、。

P3100413

P2240269

P3100421

始めた頃はお店の数も少なかったのですが、だんだんと増え始め
北鎌倉の駅でも飾られるようになりました。
よく見ると、お店独特の吊るし飾りもあったりして。
お寺や、お店だけでなく道中も楽しい気分にさせてくれる北鎌倉の
新しい魅力となっています。

それともう一つ道中に見てほしいのが、ちょっとした路地の奥にいらっしゃる
お地蔵さんです。
山を切り開いた土地柄、事故や災難も多かったこともあり無事を
祈ったのでしょう。
P3100424

今でも地元の人々の信仰が厚く、いつ見てもお花が供えられています。
毎回ではありませんが、うちも道中の無事をお祈りさせて頂いております。
この姿勢が鎌倉の魅力の一つで、ほっと気持ちが落ち着く理由なのかな
と思っています。
吊るし飾りは終わりましたが、お地蔵さんはいつでも道中の安全を見守って
下さっているので探してみてくださいね。

桜散歩

あいにくの空模様の中でしたが、北鎌倉から鎌倉の段葛までの桜を見に

ふらっと散歩がてら行ってみました。

空が真っ白で、写真のトーンが引っ張られて地味な写真なのは

ご勘弁を(汗)

まずは北鎌倉の駅前から

P3250460

今からがちょうど見頃といった感じ、いくつか蕾もありました。

円覚寺入り口の桜も見事です。

P3250456

こちらは、明月院通りの桜。

P3250476

鎌倉方面に進み、建長寺へ

まさに満開!中に入ればもっといいアングルで撮れるんですが

拝観料節約のため、入り口から失礼しました。

P3250485_2
P3250488

そして、鶴岡八幡宮の池の桜。

八幡宮の桜の名所です。青空と水面があれは完璧だったんですけど

池の水が抜かれているので、まったく絵になりませんね、、残念。

P3250502_2

最後に段葛、ここはもう葉が出始めていました。

今週の休日にはすっかり散っているかも知れません。

P3250514

ちなみに、この段葛の桜並木の中で一本だけ赤みの強い桜があるんです。

知っている人は、知ってるかも??

ヒントは「鎌倉銘菓」です。

P3250519_2

北鎌倉から鎌倉は一駅の距離なんですが、海側から山側へと

開花が進んでいるのが良く分かります。

山側の北鎌倉辺りは、今度の休日辺りが見頃となりそうで、

海側では、葉桜に変わっている頃かと思います。

最後のお花見のチャンスなので、北鎌倉で桜を楽しみ

鎌倉でお買い物するのをお勧めいたしますよ。

«梅の寺